爪の弱い人必見!テクニックいらずできれいに爪が伸ばせる方法

美しさは先端に宿る。
女子なら、ネイルも常にきれいにしていたいですよね。
まるでスカルプかと思えるような、丈夫な爪の持ち主もいれば、
私のようにすぐにくにゃりと曲がってしまうような、貧弱な爪の持ち主もいます…

そんな爪の弱い人が、難しいテクニックなしにきれいに爪を伸ばす方法をご紹介します!

1.爪切りではなく、爪やすりを使う

家族が使ってる爪切りで、ばちんばちんと爪を切っちゃっていませんか?
爪の構造は3層からなっており、爪切りで切ってしまうと二枚爪の元になるそうです。
大事な爪を守るため、今日から爪切りは封印、爪やすりを使いましょう!
ドラッグストアにいけば、いろんな形や材質のやすりを見つけられます。
薄い爪の人は、ガラス製より紙製のもののほうがおすすめです。
最初はちょっと面倒に感じますが、すぐに慣れますよ!
分厚い爪と違い、薄い爪はすぐに削ることができます。これだけは爪が薄いメリットと言えますね。

2.ハンドクリームをよく塗りこむ

ハンドクリームを使うついでに、爪周り、特に爪の根本のあたりによくすりこみましょう。
甘皮の部分が柔らかくなりますし、爪をしっかりと保湿することができます。
えっ、ネイルオイルではないの?と思ったあなた。
そんなあなたはもちろんネイルオイルを使ってください!
爪を育てるのに適した栄養分が浸透し、丈夫な爪が伸びるのを助けてくれることでしょう。
ネイルオイルを使う習慣がない人にとっては、いきなり新しいアイテムを買い、継続的に使い続けるのはちょっとハードルが高いもの。
ついつい忘れて何もぬらない…となってしまうより、ハンドクリームでもいいからこまめにぬったほうが十分な効果が期待できます。
まずは「何かを爪に重点的につける」という習慣付けをしましょう!
慣れてきたら、お気に入りのネイルオイル探しをするのもまた楽しめると思います。

ネイルケア初心者の方にとって基本的なことをご紹介しました。
大事なのは継続すること。爪が生え変わる頃には今までより一段階強い爪になっているはずです。
普段の生活に取り入れやすいことなので、ぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?
今後のサイト運営の励みにもなりますので、よろしければシェアをお願いいたします。

シェア